オーナープロフィール

オーナー(夫婦)のプロフィール

SHADE TREEは現在、夫婦ふたりだけで経営しています。

夫婦ともに、東京生まれ、東京育ちの40代。

オットは幼少期と30代の一時期を米国で過ごし、ツマのほうは大人になってから英国や中国で暮らした経験があります。

市場調査(マーケティング・リサーチ)の会社に二人とも10数年勤めたあとに、田舎暮らしに魅力を感じて移住を決めました。

オットは現在、自営の林業家となるべく、努力を重ねています。同時にコーヒーの焙煎にも力を入れています。
ツマは、在宅ワーク(主に文筆業)をしながら、カフェの経営全般と、田舎ライフを楽しんでいます。

もともとは林業をするためにこの高知県へ移住してきたのですが、縁があって週末のみのカフェも営業することになりました。

2人とも、もともとカフェめぐりは趣味のひとつ。
海外でも国内でも、出かけると必ずその土地のカフェへ寄るのが共通の趣味といえました。

「遠い将来、カフェをやれたらいいなぁ」

そんなことを、特にツマのほうは漠然と考えていたのですが、思いのほかとても早い時期に機会が巡ってきました。

そんなわけで、いまや夫婦で3足も4足もわらじを履きながら、この四万十でゆるゆると暮らしています。

カフェをやってみたい、という方はとても多いですね。
わたしたちのように、ゼロから始めたケースが参考になるようでしたら、ぜひお話にいらしてください。